斉木楠雄のΨ難

f0195002_14373515.jpg

交通事故寸前の犬を助けるためにサイコキネシスで車を宙に浮かせる。当然、見ていた人たちは唖然とする。

超能力のことを隠しているのなら、犬だけちょっとずらせばよかったんじゃねーの?とか、

大事なメガネをなくしたために、人をどんどん石像に変えてしまい、それらを教室にじゃんじゃん瞬間移動させる。

絶体絶命な状況なのに、自宅に電話して母親にスペアのメガネを探してもらってる。自分が自宅へテレポートすればいいんじゃねーの?


などと思ったりもしたが、これはそういうことをつっこむ作品ではないのでしょう。

笑えたし、俳優もよかったし、面白かったです。

もうちょいテンポが良くてメリハリがあったら、さらに面白かったと思う。


[PR]
by tetsujin_29 | 2018-06-24 14:43 | 映画レンタル派 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://tetsujin29.exblog.jp/tb/29893688
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


千葉のこと、小説、映画、マンガや日常など各種盛合せ


by tetsujin_29

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
空色
映画レンタル派
読書ノート
鉄人28号とマンガ
ゴジラworld
ventura highway
男はカレー
花景色


タグ

(239)
(200)
(173)
(88)
(82)
(77)
(44)
(33)
(32)
(30)
(29)
(22)
(21)
(18)
(16)
(15)
(11)
(10)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(1)

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
more...

ファン

画像一覧